アルミニウム合金鋳物に関するJIS規格一覧


■アルミニウム鋳物・ダイカスト(製品)の種類

JIS H5202 - アルミニウム合金鋳物
JIS H5302 - アルミニウム合金ダイカスト

JIS規格記種別記号は合金の種類により1から順番に使用し、鋳物では添加成分、添加量の差異などは末尾にA,B,C...の英字を付加して区別する。
AC2B A(アルミ合金) C(鋳物) 2B(種別)
ADC12 A(アルミ合金) DC(ダイカスト) 12(種別)


■形状、寸法及び質量

形状、寸法及び質量は、図面または模型による。寸法許容差は、注文者の指定による。特に寸法許容差の指定のない部分には、JIS B0403を適用する。

JIS B0403 - 鋳造品−寸法公差方式及び削り代方式

■表面粗さ

JIS B0660 - 表面及び表面粗さパラメータ


■アルミニウム合金と他の工業材料との特性比較

JIS H5202 - アルミニウム合金鋳物 4.3機械的性質
JIS Z2201 - 金属材料引張試験片
JIS Z2241 - 金属材料引張試験方法
JIS Z2243 - ブリネル硬さ試験 - 試験方法
JIS Z2245 - ロックウェル硬さ試験 - 試験方法

材料 種別 引張り強さ
(N/mm2)
伸び
(%)
比重
溶融点
(℃)
アルミニウム AC4B-T6 240 1.6 2.77 520-590
  ADC12 228 1.4 2.70 515-580
マグネシウム MDC1A 230 3 1.81 470-595
亜鉛 ZDC1 324 1 6.7 379-388
チタン JIS2 392 42 4.5 1660
ねずみ鋳鉄 FC200 206 0.5 7.10 1093-1316
一般構造鋼 SS330 350 21 7.65 1530
ベークライト   65 2 1.33 160
木材   69 1.5 0.67  

■熱処理

JIS B6905 - 金属製品熱処理用語

■アルミニウム合金鋳物・ダイカストの種類(特色・用途例)

AC3A Al-Si系 流動性が優れ、耐食性もよいが、耐力が低い。 マニホルド類、複雑な形状のもの
AC2B Al-Cu-Si系 鋳造性が良く、一般用として広く用いられている。 シリンダヘッドなど
AC4B Al-Cu-Si系 鋳造性が良く、引張り強さは高いが、伸びは少ない。一般用に広く用いられている。 シリンダヘッドなど
ADC12 Al-Si-Cu系 機械的性質、被削性、鋳造性が良い。 エンジン部品、駆動系部品、ケース類、カバー類



[HOME][ご挨拶][会社概要][事業概要][沿革][主要設備]
[
ダイカスト][低圧鋳造][グラビティ鋳造][砂型鋳造]
[
金型・設備設計製作][品質管理体制][鋳造技術便覧][リンク集]

Copyright(C) by KYOWA CASTING Co.,Ltd
325611