株式会社 共和鋳造所の事業概要です

事業案内

事業概要

トップページ » 事業案内 » 事業概要

共和鋳造所の生産体制

共和鋳造所では、ダイカスト部門低圧鋳造部門グラビティ鋳造部門に分かれて様々な製品の製造を行っております。

また、砂型鋳造も行っております。
設計室・検査室では、お客様に確かな商品をお届けするために日夜設計・検査に励んでいます。

試作品の製造なども一つから承っております。
また量産も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

ダイカスト部門

ダイカストでは強力な油圧で金型を締付け、ピストンロッドによってプランジャを作動させて溶湯を金型のキャビティ(製品部分)に射出し製品となります。鋳造は全て、製品の取出し(ロボット作業)、金型の洗浄、離型剤の塗布、給湯と、電気的に連動動作します。

ダイカストマシンのT800とは、締付け力800トンのダイカストマシンであることを示します。溶湯の射出圧力に伴い発生する開放力以上の締付け力が必要ですから、締付力が大きければそれだけ大きい鋳物が出来ることになります。

弊社では、材料には主としてADC12を使用しています。

製造事例

マニホルド
マニホルド
フロントカバー
フロントカバー
アクセサリーブラケット
アクセサリーブラケット
トランスファーアダプタ
トランスファーアダプタ
ヘッドカバー
ヘッドカバー
カバー
カバー
エアーインテークパイプ
エアーインテークパイプ
ケース
ケース
オイルパン
オイルパン
カムホルダー
カムホルダー
アダプタ
アダプタ
トランスファーケース
トランスファーケース

低圧鋳造部門

鋳型をさかさまにして密閉した溶湯(溶湯保持炉)の上に置き、溶湯の上面を圧搾空気で加圧すると、ストークを通って溶湯が上昇し、キャビティ内の空気と入れ替わって、湯口から遠い部分から指向性凝固しながら、湯口部が凝固するまで押湯の効果を与え、健全な鋳物を作ります。

弊社では、合金にAC3A、AC2B及びAC4Bを使用しています。

製造事例

シリンダーヘッド
シリンダーヘッド
マニホルド
マニホルド
シリンダーヘッド
シリンダーヘッド
マニホルド
マニホルド

グラビティ鋳造部門

砂型に対して、金属製の鋳型(金型)に溶湯を重力のみで鋳込む鋳物を、金型鋳物(グラビティ鋳造鋳物)と言います。砂型鋳物に比べて、寸法精度が良好なので、仕上代が少なく鋳肌が滑らかなのと、冷却速度が早いため細かい結晶粒度でピンホールが少なく、機械的性質が良好なこと、さらに経済的にも優れているのが特徴です。

弊社では、合金にAC3A,AC4B,AC2A,AC2Bを使用しています。

製造事例

スペーサー
スペーサー
フランジ
フランジ
エアーインテークパイプ
エアーインテークパイプ
オイルパン
オイルパン
キャリアギアー
キャリアギアー
エアーインテークパイプ(GD)
エアーインテークパイプ
エアーインテークパイプ(GD)
エアーインテークパイプ

試作品から量産まで承ります

アルミニウム鋳物・ダイカスト購入部品をご検討の際には、ぜひご連絡下さい。
迅速にお見積を提出させて頂きます。

また鋳物に関する技術的なご相談にも応じさせて頂きます。
試作品から量産品まで一貫して取り扱っております。

お問い合わせはこちら

PAGE TOP